町の調査・分析

地域の利点

​・

欠点を

探る

万代・天明町・沼垂 エリア

立地把握と調査方法

立地把握と調査方法
  • 万代・天明町・沼垂 エリアの環境・防災の調査分析をする事により、見えてくる町づくりの発想・提案・改善を探ります。​

  • 万代・天明町・沼垂 エリアの人の流れ・消費者動向の調査

  • 空き家状況の把握

調査分析に使用しているシステム

GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

あらゆる業務で地図を最大限に活用し、
迅速かつ合理的な意思決定を実現する GIS プラットフォーム

ArcGIS には、すぐに利用可能な豊富な地図データや、簡単な設定のみで業務に活用できる各種アプリが提供されており、いつでも、どこでも、あらゆる端末からアプリを利用して、共有された地図や情報にアクセスすることができます。
世界中の組織が ArcGIS を活用して業務に地図を融合することで、戦略的意思決定や組織の業務改革を実現できます。

GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

ArcGIS 習得風景

GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
GIS プラットフォーム | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

天明町の立地について

新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース
新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

新潟駅から徒歩10分から15分程度。少しずつお店も増え、天明町までの流動人口は増えつつ有ります。

​新潟駅から万代エリアへの移動が現在主流となっていますが、新潟駅から東大通り右側のANAへ続く道路を使用して移動する人が多くなり、天明町まで後3分から5分まで人の流れが拡大しつつ有ります。

これから益々、天明町迄の間にお店が増えますと、流動人口は飛躍的に増える事と思われます。天明町に隠れた雑貨屋、飲食店などの出店が増える事により、通過点である場所が、第二の目的地に発展出来る期待を含んだ地域であると考えます。

新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

新潟駅から徒歩で10分から15分程度の距離に位置する天明町です。万代エリアからも東大通りを挟んですぐに位置する環境です。

万代エリアのラブラ2です。

​新潟市内のファッション、ショップエリアののランドマーク的な存在です。

新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

イベント時には若者から家族まで幅広い世代が行き交う万代エリアです。このエリアから徒歩で10分程度に天明町は位置します。

新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

新潟駅→万代エリア→天明町エリア→新潟駅

新潟駅→天明町エリア→万代エリア→新潟駅

のルートを通る、トライアングル商業エリアとして今後期待出来るエリアです。

新潟市の現状

マチの活力をよみがえらせる

新潟市の人口概要をみると、平成17 年の813,847人をピークに平成27年は810,157 人へと減少に転じています。一方の世帯数は、平成7年の264,324世帯から平成27年の321,511世帯へと増加傾向が続いていますが、世帯人員は平成7年の3.01人/世帯から平成27年の2.5/世帯に減少しています。

新潟の市内には、流通しない空き家が二万戸ほど存在し、今後さらに増えることが予測されます。T-Base-Lifeはこの傾向をチャンスと捉え、これらの空き家を「不良資産」とみなさずに、新たな地域サービスをうみだす「未利用資源」と解釈します。そして、未利用資源に付加価値を与え、これまでの地域に足りなかった新たな市場をつくり、「マチの活力をよみがえらせる」ことが、このプロジェクトがめざす未来なのです。

マチの調査風景

新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース

空家の活性化

実践的プラットフォーム

これまでに述べたように、空き家が増加する本当の理由は、日本の人口が減少しているのに、世帯数が増加しているという逆転現象と、世帯数の増加を上回るペースで新築物件が供給されている、いわば需要と供給のミスマッチという社会現象との複合的関係にあります。

 

需給のギャップをうみだす要因は、単身世帯の増加に金融緩和が加勢しておこる賃貸アパートの過剰供給にあります。しかも、オーナーとユーザーの利害関係を最優先した賃貸物件は、地域内にトラブルを誘発させる火種になります。そして極めつけは、空き家の流通を促進させる目的で策定された制度改変(空き家等対策の推進に関する特別措置法)が、空き家を流通させる市場形成につながっていないという実情にあります。

 

したがって、空き家の活性化につながる「需要(ユーザー)と供給(スペース)の適切なマッチング」には、地元住民を交えた地域の魅力づくりにつながる取り組みが不可欠です。

 

それは、地域の多面的な分析によって得られた地域資源(地域のポテンシャル)をもとに、これまでの地域になかった場やサービスをうみだす未利用空間の可能性を探り、戦略的に未利用空間を活用していくための実践的プラットフォーム(体制づくり)が求められます。

GIS | 新潟 空き家 リノベーション 万代 天明町 沼垂 エリア | T-Base ティーベース Uni-Base ウニベース